FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の5月

5月22日。大きな大きなコンサートが終了!

恩師、三浦浩先生の追悼コンサートです。

先生は喜んで下さったでしょうか?

それともダメ出しが?

紀尾井ホールで満員のお客様。4月下旬には完売になっていました。

沢山のキャンセル待ちの方がいらしゃいましたが

間際に数名のキャンセルが出ただけ。

当日券も出すことが出来ませんでした。

響きのよいホール、素晴らしいピアノと要望にそって下さった調律師、素晴らしいオーケストラ

そして沢山のアドヴァイスをして下さった指揮者の古谷さん。

素晴らしい、そしてあたたかいスタッフの皆さん。

本当に有難うございました。お陰様で気持ち良く演奏することが出来ました。

ブルッフの二台ピアノと管弦楽のための協奏曲は殆ど演奏されることがなく

沢山の方たちに、この曲の素晴らしさを知って頂きたい思いで選曲しました。

指揮者も何故このように素晴らしい曲が知られていないのかと仰っていました。

実は発見?されて世の中に出てきたのが1972年頃だそうです。

楽譜も手書き風しかなくて、パソコンで打ち直しました。

というわけでこの曲について語り出すと限がありませんので。

画像を載せたかったのですが、上手くいきません。そのうちに!

さあ、もう次のイヴェントが待っています。

明日は子供達と一緒に練習です。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。